タグ > ホイットニー・ヒューストン

奇跡の共演を許可します

2011年11月30日 02:10 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日でてきたイメージというか実感に近いもの。

改めてホイットニー・ヒューストンを好きになった後、自分の右にスティービー・ワンダーがいて、左にホイットニー・ヒューストンがいるという感覚になった。

なんと、3人で並んで歌ってるんです!

そんな無茶苦茶なー。

でも不思議にことに、絶対実現不可能なもの、とは思わなかった。

それで、すかさず自分に許可した。

そんな現実をも体験していいんだと。


そのとき歌ってた曲が、ホイットニーの「Greatest Love Of All」。


今まで歌詞の内容に目を向けてなかったけど、この動画の日本語字幕を読んで、今日このタイミングにこの曲である意味を理解したとき、喜びで全身が打ち震えた。本当に体がよじれるほど震えてボロ泣きした。

ホイットニー・ヒューストンは超欲張り

2011年11月29日 22:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
大発見をした後、あらためてホイットニー・ヒューストンのスゴさに気付いた。

僕が始めて自分で購入したCDが彼女の「ボディガード」でした。それは同タイトルの映画のサウンドトラックなんですが、劇中で歌う彼女に度肝を抜かれたのを覚えています。


今でもYouTubeでホイットニーの映像を観たりしますが、その中でも僕にとっての極めつけは、1991年のスーパーボウルでアメリカ合衆国の国歌を歌ったものです。


何度観ても、圧倒的な「自由」を感じて、何かが揺さぶられます。

このとき、彼女は地球上においての究極的な光を体験したのかなって、そんな風に思ったのが、今日のウォーキング中。

だとしたら、詳しくは知らないけど、その後の大変な時期は、逆に真っ暗闇に感じたんじゃないかなって。

天才は早死にするって沢山の例があるらしいけど、もしかしたら早めに究極的な光を体験して、はい卒業って感じなのかもしれないですね。

でもホイットニーの場合は、その後さらに究極的な闇も体験するぐらいの、欲張りさんなのかな。

なんて思えてハッとした次第です。