判断してもいいんじゃない

2011年11月28日 09:00 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日のウォーキング中にて。

人を判断したり(心の中で)裁いたりしたらダメって聞くけど、自分はそう思ってないなと。素直にでてくるものだったら別にいいんじゃないかと。不意にそんな考えが浮かんだ。

「判断する」ことはよくないから、自分がそうすることを恐れてる。その手の情報に詳しい人ほど、そういう傾向があるよな〜。なんて思ったり。

自分はそう「判断」してるんだ。

と気付くと、確かにそうしてる自分は気持ちよくはないかな。

まだ見えてないものがあるのもしれないけど、恐れるほど悪いものかな...

いやいや、何か引っかかりを感じる。

時間を置いてピンと来た!

自分は「判断する」ことには恐れてなくても、「判断される」ことにちょっと恐れてる。不本意な判断をされそうに感じたとき、心がザワついたことが過去何度もあった。気付いてはいたけど、無視してきた。

そう、人の判断で自分(の価値)が影響受けるという観念がある。見つけた!
この観念を手放すことを自分に「許可」します。そう思うだけで不思議に体が軽くなった。

向き合いたくないものでも、こんな形で見つかると、すんなり受け入れられるな〜。

というわけで今回は「判断する」ことがヒントになりました。今のとこ僕にとって必要なもののようです。

「期待」のように自分にとって必要なくなったときに、気持よくサヨナラします。


この記事へのコメント(0)
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。