プロセルフヒーラーの観察手記 3

2015年08月16日 19:28 | コメント(0) | トラックバック(0)
意識の視点の空間的原点.png自分の鼻は自分からみて、前方に位置するように感じる。

同様に、頭頂は上方、
右耳は右、左耳は左、
後頭部は後、
アゴ先は下、
口はそれより近いけど、下、というか斜め前下方。

これを突き詰めていくと、自分はココっていうポイントが見つかる。
僕の場合は、左右は顔の中心、上下は眉のやや上、前後は耳の穴ぐらいがそのポイントだ。

眼球の位置とはズレてるのが興味深い。目を開けてるかどうかに関わらず、その位置は一定だ。

解剖学的には、松果体の位置になるのかな。

意識がこの位置から3D空間を覗き見してるようだ。
「意識の視点の空間的原点 」とでも呼ぶかな。

プロセルフヒーラーの観察手記 2

2015年07月13日 09:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある視点からの波紋が 響く
共鳴し近しさを感じる

ある視点からの波紋に ハッとする
近しさはなくとも、その純粋さに感動する

ある視点からの波紋は 通過し違和感が残る
根底にある恐れが見つかる

どれも自分にとってのヒントになる
特にこれらは上質なヒントだ

プロセルフヒーラーの観察手記

2014年10月29日 20:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
セルフ問答.gif意識はユニークな視点を選ぶ。

視点はユニークな波紋を広げる。

様々な波紋が行き交うのを観察できる。

それを元に意識は視点を選べる。

プロフィール 2014年3月5日版

2014年03月05日 22:19
プロフィール写真上野 直彦 (Naohiko Ueno)

プロセルフヒーラー (Pro self-healer)

人生の目標はなにかと聞かれれば、「自由に歌えるようになること」♪

大阪府松原市出身、東京都杉並区在住。
2002年、ワールドカップを観てテンションが上がりなんとなく上京。
2003年、趣味が高じてパソコン仕事(ActionScriptでWebアプリ開発)を始める。
2006年、自分とパソコン仕事とのバランスを失い、立ち止まる。
2007年、指圧をやりたいと気づき、吉祥寺で動禅指圧を習い始める。
2007年、を読んでピンと来たクォンタム・タッチのワークショップを受講する。
2008年、リラクゼーション・マッサージのお店で働き始める。
2009年、たくさん本を読むようになる。特に人体に関する本(目に見えない体についてのもの含めて)。
2010年、スピリチュアル系の本をたくさん読むようになる。
2010年、エックハルト・トールの「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」を読んでいる期間、実際その日起きた現実を本の内容が解説してくれるというシンクロを連続して体験し、何かが大きく変化し始める。
2010年、クォンタム・タッチ レベル2のワークショップを受講し、自分の中の制限がどんどん緩み始める。
2010年、クォンタム・タッチも含めたくさんのエネルギーヒーリング系練習会、交流会に参加するようになり、本当の自分が顔を出す。
2011年、YouTubeでバシャールの動画にはまる。そこに含まれるメッセージが芯から響き、自分を許せるようになる。
2011年、リラクゼーション・マッサージのお店を辞める。
2011年、3.11を経て加速した変化の流れを受け入れ、あるがままで在ることを選択する。
2011年、ピンときたことを、判断せずに、期待なしに、速やかに行動に移すという実践を始める。
2012年、金環日食のタイミングに合わせるように、心身ともに大きなデトックスがあり、ふと無条件に自分を愛せてると感じる。
2012年、シンプルにリラックスする。
2013年、世界との和解(2011年)後つづいてた2回戦が終了し自分自身と和解。25年間の伏線に区切りがつく。
2013年、プロセルフヒーラーになる。

Twitter: http://twitter.com/REDHANDS_jp
Facebook: http://www.facebook.com/uenon.jp
mixi: http://mixi.jp/show_profile.pl?id=127696

技術系ブログ「Starlingで何か創る♪」: http://starling.redhands.jp/
カテゴリ:プロフィール

「自然に演奏してください」を読んで

2013年06月21日 18:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

図書館で借りた本「自然に演奏してください―パブロ・カザルスの教えとアレクサンダーワークの共鳴 」を読んで響いたところをメモ。

チェロの近代的奏法を確立し、深い精神性を感じさせる演奏において20世紀最大のチェリストとされるパブロ・カザルスの教えとアレクサンダー・テクニーク、両方を経験した著者へのインタビューをまとめた本。

P.57 より引用
「かかるだけの時間をかけましょう」とても斬新なアイデアでした。

付け焼刃的なテクニックはやらず、最初から本質的なとこをやる。それはものすご〜い遠回りのように見える。でも本質的なところに向き合えてる実感がある。だからこそ、かかるだけの時間をかけられるんでしょう。

P.91 より引用
「やろうとしないで下さい」、「動きが起こってくるのを許しましょう。余計なことをやめていくのです。待っていれば、正しいことは自ずから起きてきますから、道を空けておきさえすればいいのです」

ゆだねるということ。

P.104 より引用
「必要な刺激によってもたらされるこの柔軟な動きは、身体の中心から起こってこなければならない、そう理解してよろしいですか」という質問に対しカサルス氏が答えています。

「これはわたしの信ずる自分流の理論にすぎません。少なくとも、誰かにその部分について教えてもらったことはありません。先生方でさえ何も言いませんでした。その刺激が身体の中心からやってきている時、つまり部分のみではない時に、全体の動きがうまくいき、身体のいろいろな所でやっていることが全体として統合されていき、より良い結果をもたらすと同時に、疲れが減ります。この刺激は、どこからきているかというと身体の中心と私が呼んでいるところから来ていますが、イメージとして私が感じているようなものに過ぎませんし、簡単に決めて命名するわけにはまいりません」

僕にとっての「芯をとらえる」か。

P.106 より引用
 「それから、もう一つ保証しましょう。私は左手の指使いと腕の動きにおいても因習を変え、やり方を修正しました。ずっと、私の『自然』な線に沿ってアプローチし続けます。生命が溢れる自然な状態で観察を続ければ、必ず何かが学べます。準備ができていて、辛抱強く粘り強く観察できる人は、かならず成し遂げます。
 こうした調査法と考え方を技術として使います。これを自分で始め、今も続けています。やればやるほど良くなり、どんどんやっていけるようになります」

常識にとらわれず、自分にとっての『自然』にアプローチし続ける。そこにはたぶんゴールがないから、どこまでもやっていける。芯のさらに芯が見えてくる。

この本を読んで、昨日のランニング本のようにチェロをやってみたいとはならなかったけど、ちょっとかじってる二胡には通じるかな。本質的なところではなんにでも通じるでしょうけど。